ダイオード脱毛のメリットデメリット

あなたは、脱毛と聞くとどんなイメージを持っているでしょうか?自分でピンセットで毛を抜くイメージ、脱毛クリームで毛を溶かしていくイメージ、脱毛テープなどで一気に剥がすようなイメージ、いろいろあると思います。脱毛のニーズは男女ともに強く、女性の場合は特に脱毛したい人ばかりではないでしょうか?

もし、周りで毛が生えている人ばかりなら自分もそうでいいかもしれませんが、周りで毛を剃っている人ばかりなので、自分も剃らないといけないという人、異性から気に入られるために剃る人もいるでしょう。そんなニーズの多い脱毛というジャンルでは、様々な脱毛法があります。その1つは、ダイオード脱毛です。

ダイオード脱毛とはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、アメリカで初めて許可が下りた脱毛法です。ダイオードレーザーというレーザー機器を使用した特定の細胞を活性化させることで、状態の病んでいる細胞があれば、それを特殊な方法で復活させることができるというものです。

ダイオードレーザーだけじゃなく、レーザー脱毛というのは他にも色々なタイプのものがありますが、レーザー脱毛でやけどをしたり肌に異常をきたしたことがある人もいるのではないでしょうか?ですが、ダイオードレーザーは、他のタイプのレーザーとは違い、波長が非常に長いため肌の奥底までレーザーを届けることができるだけじゃなく、やけどしにくいといったメリットがあります。

他のレーザーの中には、肌の奥深くまで入らないのにやけどをしてしまうものもあり、利用する側のメリットがあまりないものもあります。そんな中、肌の奥深くまで入りさらにやけども少ないダイオードレーザーは、レーザー脱毛のデメリットが気になっていた人にとってはもってこいの商品ではないでしょうか?

また、患部を冷却しながら脱毛できるので、患部に必要以上にダメージを与える心配もありません。そして、ダイオード脱毛の他にはないメリットとして、産毛の脱毛ができるようになったということがあります。産毛まで脱毛できるのはダイオードレーザーが主で、他のレーザー脱毛にはできないことです。

さらに、男性のひげの脱毛もできるようになっています。男性のひげの脱毛は、これまでの脱毛ではどうしても強い痛みを感じるもので、ひげを脱毛するか諦めるかのどちらかでした。ですが、そうした不安もなくなり、ひげが濃くて困っている男性の場合も安心して脱毛できるのが大オード脱毛です。